top_houjin

banner_houjin

私たちはこんな事業をしています

 2006年 障害者自立支援法(現在の障害者総合支援法)により障害者も地域で生活することがあたりまえの時代に入りました。しかしこの法律施行時でも「障害者は家族が面倒をみる」ことが当然で、多くの家族が障害者を抱えて困っていました。

 「通わせたいけど、通うところがない」そんな時代でした。

 健翔会は2007年4月埼玉県で初めて障害者自立支援法によりスタートした法人です。これからの障害者にとって地域で生活する「あたりまえの社会」を作ろう、そんな気持ちで障害者を支援しています。

 

banner_houjinenkaku

平成18年9月26日 社会福祉法人健翔会 設立
平成19年4月1日 障害福祉サービス事業所 麦の穂 開設(生活介護10名、生活訓練10名)
平成19年9月25日 障害児(者)生活サポート事業開始(行田市)
平成19年11月20日 障害児(者)生活サポート事業開始(加須市)
平成21年4月1日 障害児(者)生活サポート事業開始(熊谷市)
平成21年10月1日 障害児(者)生活サポート事業開始(羽生市)
平成22年4月1日 障害福祉サービス事業所 麦の穂 (生活介護20名)多機能から生活介護単独事業に変更
平成24年6月1日 障害福祉サービス事業所 大地 開設(生活介護28名)
平成26年4月7日 日中一時支援事業開始(行田市)
平成27年4月24日 日中一時支援事業開始(羽生市、鴻巣市) 
平成27年4月24日 障害児(者)生活サポート事業開始(鴻巣市)
平成27年5月12日 日中一時支援事業開始(加須市)
平成29年3月1日 障害児通所支援事業 にじいろ開設(放課後等デイサービス10名)
平成29年4月1日 太陽光発電事業 開始

 

banner_houjinhin

社会福祉法人健翔会の福祉サービスの品質・クオリティに対する考え方

社会福祉法人健翔会は、障害者が必要・必然・最善と考える福祉社会の実現に向けて

1. 障害、そして、支援を深く考え、追究し、利用者の個性を引き伸ばします。
2. 利用者や顧客のプライバシーを守り、利用者の権利を擁護します。
3. 利用者が自立した人生を送れるよう支援し、常にそのためのサービスを提供します。
4. コンプライアンスを遵守し、利用者や顧客が安心で安全と感じる環境をつくります。
5. 職員が常に研修に取り組むことで、支援する能力を向上させる職場環境をつくります。
6. 利用者や顧客のニーズを探り、ウオンツを発見できるようなコミュニケーション環境をつくります。

以上の福祉サービスの品質クオリティを達成するため、継続的な改善、支援システムの構築を行います。

 

banner_houjinyakuuin

平成29年6月17日現在

理事

  理事長 渡辺 弘
  理事 渡辺 真一
  理事 野村 正幸
  理事 前田 博和
  理事 齋藤 真知子
  理事 細川 竜太 

 監事

            持田 茂 
     園部 たま江

 理事・監事の任期 平成29年6月17日~平成31年6月 定時評議員会終了まで

 

評議員

 小林 正博

 小林 康男

 村社 儀兵衛

 江森 明人

 松下 道子

 本間 一郎

 廣田 賢也

 野口 修次

 評議員の任期 平成29年4月1日~平成33年6月 定時評議員会終了まで

 

<その他の関連書類>

 

<地域生活応援事業>

健翔会として「地域生活応援事業」を始めました。(2016/4/1開始)

行田市以外の方もお申し込みできるようになりました。ただし、行田市以外の方の場合、相談・給付について事業所までお越しいただくことが条件になります。(事業所は健翔会が任意で決めさせていただきますのでご了承ください)

 地域生活応援事業のリーフレットは→こちら

 地域生活応援事業に該当される方は、是非お申し込みください。

 申し込み方法:リーフレットをプリントし、右下の申し込み欄に記入の上、FAXか郵送してください。

 FAX:048-501-7543、郵送先 〒361-0007 行田市小見1141-1 社会福祉法人健翔会 地域生活応援事業担当

 30世帯を募集しています、、、2019/3/11現在20世帯が申し込まれています。