社会福祉法人 健翔会

2020.01.23 20:46

最近「頑張ってに」にどうしても反応しちゃいます。

何をどう頑張るのだろう?

今無い何を求めているのだろう?

そんなことが気になります。

 

そこで、「頑張る」という言葉を極力言わないで表現するとよいと思いました。

例えば、「明日の試験がんばってね」

これを言い換えると

「明日の試験、今まで覚えたこと、学んだことを発揮してきてね」

「明日の試験は緊張しないようにね」

「明日の試験で合格する点数を取ろう、7割くらいできるといいね」

意外に難しいです。

単に応援している言葉なので、

「明日の試験、今まで勉強した成果が発揮できるよう、応援しているね」

こんな感じでしょうか。

短い日本語にたくさんの意味が込められていることがわかります。

 

も一つは「注意してね」です。

何に注意を払えばいいのかな?

何が危ないのかな?

これを言い換えるとどうなるのかな?

 

是非皆さんも言い換えてみてください。

あなたの思っている注意が相手に伝わるといいですね!!


続きはこちら >>>